俳優・萩野崇さんについてとりとめもなく語れば
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
プリンセス・プリンセスD第2回
「特撮関係感想」のカテゴリーに入れるのも妙ですが、女装は一応特撮?ってことで(笑)。(以下はかなり趣味的感想なので、女装ネタとかOKな方のみどうぞ)
第2回も見ちゃいました。やっぱ、藤田玲くん演じる四方谷裕史郎(しほうだにゆうじろう)がマイツボです。たとえ、顔丸くたって可愛いじゃないか>女装(爆)。なんつーか、開き直ったスタンスが似合うのかも。あれで、おどおどしてたり嫌そうだったりしたら、かなり気色悪さが増す気がするんですが。でもって、転校生(これが桐谷@響鬼の中村優一くんなんですね)に喧嘩売られて、女装のまま殴りかかる鼻っ柱の強さもナイス。素顔のときの、アスレチックルームのシーンでは、太股のたくましさにくらくら来ちゃいました(笑)。‥‥そういえば、忘れてましたが童顔マッチョって好みでした>自分。あああ、それではまったのか‥‥。
裕史郎がバナナを食べるシーンがあって、その食べっぷりのよさに、GAROの零がケーキを目の前にいっぱい並べていた光景を思い出しました。ひょっとして、素で甘いもの好きなのかしらん>藤田くん。

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

プリンセス・プリンセスD 第2話
第2話見ました。サブタイトルは「ねらわれた学園 謎の転校生」です。感想+あらすじ(?)姫(実琴)の朝の通学準備(歯磨き)、亨の歌が口パクだと見破った転校生(花園音也)、姫の人気が音也に奪われていくっていうのが印象的でした。実琴がぬいぐるみを抱きながら寝てたような...  [続きを読む]
MAGI☆の日記 2006/07/09/Sun 17:49
© 萩想の小部屋. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。