俳優・萩野崇さんについてとりとめもなく語れば
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
GARO-牙狼(ガロ)-第25回感想「英霊」
第25話「英霊」・3月31日(金)深夜放送、監督・雨宮慶太
終わってしまいました。いやー、半年間熱く燃えさせていただきました。
見たことのないもの、通常見ることの不可能なもの(「センス・オブ・ワンダー」というと旧き懐かしき日々の呼び方ですね)を見たいという欲望を満たしてくれるのが、私にとっては好ましい作品なんですが、この牙狼も最終回までそんな感じで突っ走ってくれました。夜の都市で、空中を滑る巨大な輪の上でのバトル、最高です。しかもその輪、ビルに突き刺さった末に火炎車のように地上を駆け巡ってますし。
が‥‥味方の損傷なしでラスボスを倒した、と言えるのかな、あれ(; ;)。ザルバが崩れたのが、私にはえらくダメージ大きかったです。甦ったって、鋼牙との今までの記憶のないザルバなんてザルバじゃない(号泣)。ああ‥‥思い出せば龍騎でも私はベノスネーカーにえらく肩入れしておりました。それはともかく、なんでザルバだけ「犠牲」の対象にしたのか、監督に少々問いつめたいところです。味方側全員無傷でラスボス戦に勝利するわけにもいかず、死んでも悲嘆の声の少なそうなザルバに白羽の矢を立てたんじゃないか‥‥そうだったらあんまりです。みんな無傷で大団円迎えたかったですよ。
ラスト、カオルと鋼牙の発展的別れ(?)になるとは少々想定外でした。まあでも牙狼らしくていいかも。
きれいに終わったことだし、続編は自分的には不要です。あとはDVD♪。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 萩想の小部屋. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。